読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

webデザイン初心者|sometimes study

webデザイン初心者の私が一人前になるまでの記録。webデザイン(Illustrator・Photoshop)・webサイト制作(HTML・CSS・JavaScript・jQuery・PHP・WordPress)を中心にお勉強中。

jQuery:クリックしたら表示・非表示するロールオーバーボタンの実装方法

今回は、プラグインを使わないで作る『ロールオーバーボタンの作り方』です!

 

例えば

  • 『Q & A』みたいな項目に対しての説明が長くなってしまうとき
  • 『メニューボタン』のように、入れ子入れ子で子ページがいくつもあるとき

 

説明が長い位場合は特に必要性を感じますよね。そのままつらつらと書き続けると、ユーザーがずっとスクロールしなくちゃいけなくて見るのが大変なのです。

 

そんな時に役立つのがこの『表示・非表示ボタン』です。


 jQuery:クリックしたら
ロールオーバー表示するtoggleボタンの実装方法

f:id:serinaishii:20151020093952p:plain

 

動作としてはこんな感じです。

 

表示(非表示)ボタンを押す

  ↓  ↓  ↓

連動して、説明文が表示(非表示)になる

 

 下にdemoも作ってあるので、触ってみてください。


demo

 HTML

<!-- 表示ボタン -->
<p class="openBtn"><i class="fa fa-chevron-down faColor"> </i>★★★項目名★★★</p>

<!-- 説明文 -->
<p class="textArea">★★★説明文★★★</p>

 jQuery

$(function(){
  $(".openBtn").click(function(){
    $($(this).next(".textArea")).animate(
     {height: "toggle", opacity: "toggle"},
     "nomal"
    );
  });
});

 CSS

/* 表示ボタン */
.openBtn {
  cursor: pointer;
  padding: 10px;
  border: 1px solid #9FD6D2;
  border-left: 10px solid #9FD6D2;
  color: #666;
}

/* 説明文 */
.textArea {
  display: none;
  padding: 10px 10px 30px 50px;
  color: #666;
}

/* 表示ボタン ー 逆三角アイコン */
.faColor {
  color: #9FD6D2;
}

 

それぞれ「HTML」「jQuery」「CSS」と書かれた項目がボタンになっているので押してみてください。中に書かれた説明文が ゆっくり表示されるようになっています。

 

また、中身が開かれた状態でボタンを押すと、説明がゆっくり消えるようになっています。


HTML

<!-- 表示・非表示ボタン -->

<p class="openBtn"><i class="fa fa-chevron-down faColor"> </i>★★★項目名★★★</p>

 

<!-- 説明文 -->
<p class="textArea">★★★説明文★★★>★</p>

 

表示・非表示ボタン

 

1番左にある「 V 」は、画像でなくアイコンフォント(Font Awesome)を使用しています。


ソースで言うと「<i class="fa fa-chevron-down faColor"></i>」部分です。興味がある方は下の記事を参考にしてください。

 

 説明文

 

CSS側で「display:none;」を指定して、最初は非表示になるように設定しています。jQueryの操作で表示・非表示が変わります。

 

serinaishii.hatenablog.com


jQuery

$(function(){
  $(".openBtn").click(function(){
    $($(this).next(".textArea")).animate(
      {height: "toggle", opacity: "toggle"},

      "nomal"
    );
  });
});

 

「"nomal"」:表示・非表示の速度を変える

  • "slow":ゆっくり(「"」ダブルクォーテーションで囲ってください)
  • "fast":速く(「"」ダブルクォーテーションで囲ってください)
  • 1000:1秒(1000ミリ秒)
  • 5000:5秒(5000ミリ秒)

CSS

/* 表示ボタン */

.openBtn {
cursor: pointer;
padding: 10px;
border: 1px solid #9FD6D2;
border-left: 10px solid #9FD6D2;
color: #666;
}

 

.openBtn:hover {
opacity: 0.7;

}

 

/* 説明文 */
.textArea {
display: none;
padding: 10px 10px 30px 50px !important;
color: #666;
}

 

/* 表示ボタン ー 逆三角アイコン */

.faColor {
color: #9FD6D2;
}


実際に運用しているページ

この表示・非表示のロールオーバーボタンを実際に使用しているのは下記のページです。Q & Aの項目が長くなってきたので、改修として機能追加しました。

 

f:id:serinaishii:20151019150848p:plain

 

www.chiba-onsei-lab.com


最後に

HTML側でclass名をつける場所を変えれば、画像でボタンを作ったり、画像を表示・非表示にすることもできますね。

 

使い方は無限!バリエーションはアイディア次第です!ぜひアレンジしてみてください。

広告を非表示にする